EK9のOHエンジン載せ替え&補機類リフレッシュ作業

シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業

MANABOON HONDA(マナブーンホンダ)のイシケンです。1月にエンジンブローでお預かりしたEK9のオーバーホールが完了したので、その載せ替え作業を行いました。EK9はすでに新品エンジンはもちろんのことリビルドエンジンの供給も終わっています。現品オーバーホールのみ受け付けしている状況です。しかも、エンジンヘッドやクランクシャフト、コンロッドなどの部品も製廃となっており、これらのパーツにダメージがある場合はオーバーホールも出来ないという状況です。今回はブローしたエンジンでオーバーホールするのはこれらのことから止めておき、中古エンジンを手に入れてそれをオーバーホールすることにしました。

エンジン降ろし作業

それでは、作業開始です。まずは油脂類を抜きます。エンジンオイルを抜き、シビックタイプR(EK9)エンジンオイル抜き作業ミッションオイルを抜き、シビックタイプR(EK9)ミッションオイル抜き作業クーラントを抜きます。シビックタイプR(EK9)冷却水抜き作業リフトアップしているついでに触媒も外しておきます。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業エアクリーナーやチャンバーを取り外します。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業エキマニを取り外し、シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業冷却水を抜き終えたらラジエター周りをごそっと取り外します。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業こんな感じでエンジン前はスッキリしました。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業続いて、スロットルワイヤーを取り外し、シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業インジェクターハーネスを取り外します。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業リフトアップして、ベルト類を取り外していきます。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業シフトリンケージをミッションから取り外します。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業ロアアームやドラシャなども外していきます。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業エンジンハーネスもエンジン側のカプラーは全て外しておきます。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業エンジンハンガーにかけ、残っているエンジンマウントを外して吊り上げます。(細かい作業はブログの関係で端折っています)シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業ミッションも一緒に吊り上げてあとで分離させます。これが効率的です。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業こんな感じでエンジンルームはスッキリです。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業ミッションを分離させました。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業吊った状態でクラッチを取り外します。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業SPOONのノンアスっぽいクラッチが入っていました。残量はほぼ新品くらい残っていますね。
シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業フライホイールも社外品ですね。
シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業クラッチを取り外したエンジンはこんな感じです。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業この状態でエンジンスタンドに取り付けができるようになります。こんな感じですね。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業スプールバルブや点火系パーツは最近変えたばかりなのでそのまま移植します。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業インマニはブローした関係で破片が入り込んでいる可能性があります。徹底的に洗浄しないとまた破片が入る可能性もあるので要注意です。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業

オーバーホールエンジン載せ替え作業

こちらが中古エンジンをオーバーホールしてもらったエンジンです。ヘッドカバーは綺麗になり、各部分解洗浄して組み付けされてきているのでとても綺麗です。シビックタイプR(EK9)オーバーホール済みエンジンシビックタイプR(EK9)オーバーホール済みエンジンシビックタイプR(EK9)オーバーホール済みエンジンそして、ホースやパッキン類など基本は再使用NGなので、新品を発注してあります。ここをケチって使いまわすと後で痛い目に合いますね。シビックタイプR(EK9)エンジン補機類パーツ作業エンジンスタンド上で取り付けするホースやパーツは組み付けておきます。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業車体側も同じくエンジンがない状態で組み付けできるパーツを組み付けます。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業これら以外にも作業をしていたのですが、写真を撮り忘れたのでエンジン搭載に移ります!シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業エンジンハンガーに載せた状態で位置合わせをしていきます。下側からも支えながら取り付けできるマウント類を装着し、クラッチを装着します。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業エンジン単体で車に載せたらミッションを組み付けます。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業ミッションマウントももちろん新品です。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業ここまできたら大物は載った感じですね。あとはベルト類や補機類を戻しつつ、新品のホースを取り付けていきます。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業 シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業油脂類を注入します。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業 シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業いよいよエンジン始動。オーバーホール済みのエンジンを載せる際に一番緊張する瞬間です。無事エンジンに火が入り、点火時期の調整を行います。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業最後に各部オイル漏れ、水漏れがないかチェックします。シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業この後、店の周りを1周して各部チェックしたところ、サーモスタットのハウジング部分からわずかな水漏れが発生しました。ハウジングは再利用していたのですが、新品を発注して交換しました。その後、長めの試乗に出かけて各部チェックしました。特に問題ないのでご納車できます。エンジンブローしてから約2ヵ月半、大変お待たせしました。

B16Bエンジンの慣らしのやり方

オーバーホールをしたら基本慣らしをした方がいいです。慣らしをやらなくても壊れることはありませんが、より長く持たせるためにはやった方がいいです。今回オーバーホールをしてもらったエンジン屋さんのエンジニアの方にB16Bの慣らし運転のやり方を事細かに聞いたので、備忘録としてここに記載しておきます。
300km〜500kmでのオイル交換が重要で、できる限り早めに最初に出てくる金属を流してあげた方が良いとのことです。そのため、ここでは300kmでオイル交換&フィルター交換としています。

OH後の走行距離 使っていい回転数 備考
0〜300km 3,000rpm〜3,500rpm 300km走ったらオイル&フィルター交換
300km〜500km 4,000rpm〜4,500rpm
500km〜700km 5,000rpm〜5,500rpm
700km〜900km 6,000rpm〜6,500rpm
900km〜1000km 7,000rpm〜7,500rpm 1000km走ったらオイル&フィルター交換
1000km〜 Revまで使ってOK

※注意点
加速の時と減速(エンジンブレーキ)両方とも慣らしが必要です。
ゆっくりとアクセルを踏み込み、ゆっくりとアクセルを離す作業を慣らしでは行なってください。アクセルをいきなり多く踏み込む、離すというのはNGです。

EK9エンジンオーバーホールと補記類パーツの交換費用

価格は税抜き表示となり、2018年2月現在の価格です。エンジンOHは分解した後に費用が確定します。こちらに記載のOH料金は追加で部品交換が発生しなかった場合の最低費用となります。また、消耗品・補記類はお車によって交換した方が良い部品が変わってくるので、詳しくはご来店ください。
EK9エンジンOH費用画像

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」「EK9のエンジンオーバーホールについて」記載してお問い合わせください。

HONDAスポーツカー在庫










スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー一覧画像

スポーツカーの買取・査定

LINE査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※MANABOONのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

MANABOON HONDA店舗情報

MANABOON HONDA店舗画像
スポーツカー専門店 MANABOON HONDA
042-520-7577 / 042-520-7578
contact@hm-r.co.jp

〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. MANABOON S2000画像
  2. S2000 アクレブレーキキャリパー画像
  3. S2000(AP1) O2センサー画像
  4. S2000メンテナンス画像
  5. シビックタイプR(EK9)ブレーキキャリパーOH画像
  6. デモカーS2000オイル交換画像
PAGE TOP