J’s racingエアロが入ったS2000(AP1)入庫!サーキット仕様!

J'sracing S2000画像

MANABOON(マナブーン)のイシケンです。またまた乗る人がかなり限定されるであろうS2000を仕入れてしまいました。平成11年式の初期モデルで、走行距離は93,600km。車検が平成31年の3月まで付いている車です。残念ながら修復歴はありとなりますが、走行には特に支障はないのでご安心ください。J'sracing S2000画像J’sracingエアロやSARDのGTウィングが入った見た目にもサーキット仕様なイメージのあるS2000です。中身もなかなかのサーキット仕様でして、ダッシュ貫通の9点式ロールバーが入っていたり、大容量のデフオイルパンが装着されるなど、このままサーキットにどうぞという仕様になっています。それでは、動画も交えながら詳しくご紹介します!

見た目からも走りのS2000。J’s racingエアロ

J'sracing S2000画像まずは外装から見ていきましょう。フロントバンパーとサイドステップはJ’s racing製のエアロが装着されています。かなり車高が低く見えるのはエアロのおかげですね。特にフロントはこのような3D形状となっていて、見た目からも迫力満点です。J'sracing フロントバンパー画像J'sracing S2000画像J'sracing S2000画像バンパーの中央に見えるダクトは、エアクリーナーBOXへと繋がっています。雨の日はこのダクトを塞いだ方がいいですね。J'sracing S2000画像車高が低くなっているのでフロントのリップ部分に擦れはあります。バンパーにも傷などは多少あります。ただ、そこまで目立つほどではありません。J'sracing S2000画像そして、サイドステップは整流効果が期待できそうな形状。J’s racingのエアロはスーパー耐久でも使用されていたので、その効果は実証されていますね。J'sracing サイドステップ画像サイドステップの状態は、飛び石や傷がやや多いかなという印象です。どうしても地面から近くなるので仕方ないです。少し離れてみるとそこまで気になることはありません。J'sracing S2000画像続いてリア周りです。リアバンパーはこのようにノーマルとなります。リアバンパーは気になるような傷はそこまでありません。S2000(AP1)画像S2000(AP1)画像SARDのカーボンGTウイングが装着されているので、バンパーはノーマルで迫力満点です。S2000(AP1)画像GTウィングはクリア剥げなどなく綺麗な状態です。サードカーボンGTウィング画像マフラーは5次元のプロレーサーです。砲弾型になりますね。5次元プロレーサーマフラー画像そして、サーキット走行に欠かせないハードトップ!!純正のハードトップなので、リアウィンドウが広くて後方視界はとても良好です。S2000純正ハードトップ画像ホイールはSSRの17インチです。タイヤは前後245/40/17が装着されています。通常フロントにはこのサイズは入らないのですが、ワイドフェンダーに変わっているので綺麗に収まっています。SSR17インチアルミホイール画像ホワイトからブルーにオールペイントされている車なので、外装全体としては年式を考えると綺麗な方です。ただ、前オーナーもサーキットで使っていたであろうことから、ボディへの飛び石や擦れ、傷などはところどころあります。その状態は次項の外装動画をチェックして見てください。

S2000(AP1)の外装動画

外装の状態を詳しくご紹介しています。遠方で見に来ることができない方など参考にしていただければと思います。

このS2000を問合せる

ダッシュ貫通9点式ロールバーが入った内装

内装は、外装に負けず劣らずスパルタンです。まずドアを開けて目に入ってくるのがロールバー。ダッシュ貫通の9点式です。ダッシュ貫通なので乗り降りには全く支障がないのはいいところです。サイドバーもシートサイドの下の方を通っているので、乗降の際に手で体を支えられるサポートになっていいくらいです。S2000 ロールバー画像シート後ろはこんな感じでかなりの剛性感です。センターコンソール上部のボックスは貫通しているので使えませんが、中央のボックスは使えます。S2000 ロールバー画像ちなみに、幌はレスとなりますのでご了承ください。ま、この車を購入される方はいらないと思いますが。。。その他内装は比較的シンプルです。S2000内装画像運転席のシートはレカロのフルバケットです。古いタイプなのでそれなりの使用感となります。レカロフルバケットシート画像助手席はノーマルオプションの革です。S2000純正革シート画像ダッシュボード上には余計なパーツは装着されていません。S2000内装画像ステアリングはグリップの太い握りやすいタイプに変更されています。社外ステアリング画像ワークスベルの脱着式ボスに変わっています。室内の狭いS2000には嬉しい装備品ですね。ビリオンのVFCが装着されて、ビリオンVFC画像カロッツェリアのCDデッキ(DEH460)が入り、カロッツェリアCDデッキ(DEH460)画像ETC車載器が足元に付いています。ETC画像シフトノブは球体タイプになっていて、こちらのグリップ感もGOODです。S2000シフトノブ画像

S2000(AP1)の内装動画

内装の状態を詳しくご紹介しています。遠方で見に来ることができない方など参考にしていただければと思います。

このS2000を問合せる

エンジンはノーマル!まだまだ元気なF20Cエンジン!

エンジンルームはこちらもスパルタン!!サーキット走行を考慮して、色々な熱対策が施されています。S2000エンジンルーム画像まず、前方からの風を綺麗にラジエターに当てるための導風板。S2000ラジエター導風板画像エアクリーナーボックスへの空気も専用の導風板が設置されていますね。そして、エアクリーナーBOX自体も遮熱シートが貼られて熱対策が施されています。S2000純正インテークボックス画像ブレーキフルード周りはワンオフで作られた遮熱板で囲われており、エンジンからの熱によるフルード温度上昇を抑えていますね。S2000ブレーキマスター遮熱板画像エキマニは無限製が入っており、バンテージが巻かれています。S2000無限エキマニ画像そして、サーキット走行には欠かせないクスコのオイルキャッチタンクもしっかりと付いています。S2000クスコオイルキャッチタンク画像エンジンはノーマルになりますので、まだまだこの先も元気に走ってくれますね!F20Cエンジン画像

S2000(AP1)のエンジン動画

エンジンルームの状態を詳しくご紹介しています。遠方で見に来ることができない方など参考にしていただければと思います。

このS2000を問合せる

リフトアップすると走りのパーツが満載!!

S2000でのサーキット走行には欠かせない大容量のデフオイルパンが装着されています。純正では0.75lしか入らないため、すぐに油温が上がり油膜切れを起こしてしまいます。そのため、大容量のデフオイルパンはS2000には必須のアイテムとなります。大容量デフオイルパン画像そして、デフの振動が大きいS2000は、リアの挙動を安定させるためにも強化デフマウントも必須のアイテムですね。社外デフマウント画像フロアのボディ補強もきっちりとクスコ製品が入って強化されています。クスコフロアバー画像タイロッドにはピロタイプの社外品が装着され、ゴムブッシュによるヨレを抑えていますね。ピロタイロッドエンド画像下回り動画はこちらからどうぞ!!

このS2000を問合せる

S2000の中古販売情報

年式:1999(H11年)
売約済
※登録エリアで総額はことなります。

メーカー ホンダ(HONDA)
車種名 S2000
グレード ベースグレード
型式 GH-AP1
車検 H31.3
走行距離 93,600km
シフト フロア6F
車体色 ブルー系(ホワイトから色替え)
排気量 2000cc
修復歴 有り
整備記録簿 なし
保証 あり(3ヶ月3,000km)※Eg・MTのみ
ワンオーナー ×
車検(法定)整備 あり(費用別)
車体番号下3桁 964
外装評価 ★★★☆☆
内装評価 ★★☆☆☆
機関評価 正常

※保証はエンジン・ミッションのみ3ヶ月3000kmのどちらか早い方までとなります。

HONDAスポーツカー在庫






スポーツカー在庫一覧

中古車一覧

S2000の買取査定の相場を知りたい方はこちら

スポーツカーの買取・査定

LINE査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※MANABOONのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

MANABOON店舗情報

スポーツカー専門店 MANABOON
042-767-3331 / 042-767-3332
contact@manaboon.co.jp

〒252-0325
神奈川県相模原市南区新磯野2186-2

関連記事一覧

  1. S2000画像
  2. アコードユーロR(CL7) Luckystarエアロ画像
  3. S2000 ワンオーナー車画像
  4. シビックタイプR(FD2)画像
  5. 後期S2000画像
  6. シビックタイプR(EK9)画像
PAGE TOP