FF、FR、MRどれが速い?!そしてどれが楽しい?!

S2000、シビックタイプR、MR2画像

MANABOON(マナブーン)のイシケンです。スポーツカー乗りの上級者になると誰もが悩むFF、FR、MRどれがいいのか。速さを求めるか、楽しさを求めるか。。。スポーツカーを何台も乗り継いで来ると、車種よりか異なる駆動系を乗りたいという欲望が出るものです。そこで、今回はMANABOON走行会にて異なる駆動系を持つS2000、シビックタイプR(EK9)、MR2を走らせて、それぞれどんな楽しさがあり、どこに不満があるのかをインプレッションしてみたいと思います。

軽量コンパクトで、走らせて楽しい3台を用意

S2000、シビックタイプR、MR2画像スポーツカー好きで走り好きの方にはどれも魅力的に感じる3台を用意しました。サイズも似たり寄ったりで、本庄サーキット向けのスポーツカーです。そして、生産されていた年代もほぼ同じ。この中だとS2000が一番新しいかな(そうは言っても平成11年式)。S2000、シビックタイプR、MR2画像早くサーキットを走らせてくれと言わんばかりの佇まいです。S2000、シビックタイプR、MR2画像

では、それぞれの車を紹介します。

MANABOONデモカーのS2000

MANABOON S2000画像
MANABOONのデモカーでもあるこのS2000は、エンジンノーマルのAP1です。見た目はかなりチューニングしていそうですが、基本的には足回りとLSDのセットのみという感じです。イシケンのマイカーでもあるので、日々乗り慣れているS2000です。もちろん、セッティングも取れているので、イシケン好みな走りをしてくれます。このS2000の仕様の詳細はこちらにて。

お遊び耐久用に仕入れたシビックタイプR(EK9)

お遊び耐久用EK9画像このシビックタイプR(EK9)は、これまでもブログでご紹介してきた車ですね。
ブレーキホースの交換をしたり、


キャリパーオーバーホールやマスターシリンダーを交換して車検取得したりと。

ブレーキパッドやローターを交換したり。

この走行会がシェイクダウンでもあったので、そこへ向けてメンテナンスしてきた車でもあります。仕様はB18Cエンジンを搭載し、クロスミッションにクスコのLSD、10点式ロールバーで室内はドンガラ。足はTEINのスーパーレーシングが入っているなど、まさにサーキット走行のための車です。

ジムカーナで遊んでいたMR2

ジムカーナ仕様のMR2画像このMR2は前オーナーがジムカーナを楽しむために作った車です。クスコのLSDが入り、リアは車高調でフロントは固定式タイプのサスペンションというMR2をよくわかったショップで組んだ仕様。タービンはハイフロー加工され、ARCのインタークーラーが入っています。そして、セリカGT-Fourの純正クロスミッションが入り、立ち上がりの加速重視な仕様です。スペックだけ見るとMR2が一番速そうですね〜。

サーキットアタック!!

S2000、シビックタイプR、MR2画像10月としては少し肌寒いくらいの気温で、曇り空というサーキット走行するにはこの時期としては最高のコンディションです。

S2000からアタック

最初にアタックしたのはMANABOONデモカーのS2000。乗り慣れた車なので、ドライバーの慣熟も含めて最初にS2000からアタックしました。MANABOON S2000画像4年ほど使っているディレッツァZ2スタースペックに熱を入れて、ブレーキを温めて〜。MANABOON S2000画像イシケンも暖まり〜MANABOON S2000画像毎週ラップタイムは上がっていき〜MANABOON S2000画像3周目にこの日のベスト、46.663が出ました。このS2000のベストラップは46秒フラットなので、この時期としては妥当なタイムですね。MANABOON S2000画像乗り慣れたS2000で走らせ方もわかっているので、朝一のタイムがベストで、そのあとは気温も上がり車の熱も上がりでタイムは伸びませんでした〜。MANABOON S2000画像

バイクのようにシフトチェンジできるEK9

お遊び耐久用EK9画像S2000を降りたら続いてEK9に乗り込みました。このEK9はABSレス車両なので、S2000の感覚のままガツっと踏むとすぐにロックします。タイヤはアドバンネオバAD08ですが、もうカチコチな感じでした。それもたぶんロックの原因でしょうね。お遊び耐久用EK9画像あまりにもロックするので、フロントの縮み側の減衰力を下げるなど、少しセッティングをしてからアタックすることとなりました。お遊び耐久用EK9画像結果は47.814。う〜ん、遅い。。。以前同じような仕様のEK9で45秒台を出したので、ブレーキとタイヤの問題はなかなか大きそうです。S2000と比べると明らかにブレーキングポイントが手前でゆっくりと踏んでいる感じです。お遊び耐久用EK9画像でも、クロスミッションが入っているのでB18Cエンジンを鋭い加速で引っ張ってくれる。まるでバイクみたいで最高に楽しいです。無駄にシフトチェンジしたくなるくらい音もGOOD♪

加速が半端ないMR2

ジムカーナ仕様のMR2今回の3台の中で一番ビックリしたのがこのMR2の加速です。ハイフロー加工タービンにクロスミッションの組み合わせが爆発的な加速をしてくれます。S2000、EK9と乗ってきて、MR2のエンジンでも同じような吹け上がりを体感できるとは思ってませんでした。ジムカーナ仕様のMR2これはタイムもかなり期待できるはず!!っと思っていたらそこはさすがジムカーナ仕様のまま。ブレーキでリアが滑る滑る(笑)
MR2もABSレスですが、ロックは多少するもののEK9ほどひどくはなく、それよりもブレーキングですぐにリアが出てしまうため、あまりグッとブレーキを踏めない。ブレーキ重視の本庄サーキットではこれは厳しいですね。ジムカーナ仕様のMR2ただ、立ち上がりの加速は半端ない!!真っ直ぐに向きが変わるまでじっと我慢して、そこからアクセルを全開にすると爆発的な加速で前に進みます。そんなこんなでタイムは3台の中で一番悪い48.578でした。車高をもっと下げて、リアのパッドをジムカーナ用から変更して落ち着かせればまだまだタイムは上がりますね。

総評

S2000、シビックタイプR、MR2画像サーキットのタイムだけを見たらS2000に軍配が上がりました。そりゃイシケンが毎日乗っている車でセッティングも取れているので当たり前ですね。今回のデータをまとめるとこんな感じでした。

車 種 ベストタイム 平均時速 最高速度
S2000 0:46.663 85.790km 131.868km
シビックタイプR(EK9) 0:47.814 83.724km 128.114km
MR2  0:48.578 82.408km 135.849km

ぶっちぎりでMR2の最高速が伸びていますね(笑)当日GRB型のインプレッサが走っていましたが、そちらの最高速度が136kmとのことだったので、MR2の加速の良さがよくわかるかと思います。その一方で平均速度が遅い。これはブレーキでリアが出るので、コーナのアプローチがスローインファーストアウトの結果です。そこはEK9も同じですね。これら2台ともセッティングを取ればまだまだ最高速も平均速度も伸ばせます。結果、どの車が一番速いのかはセッティングが取られていないのでなんともですが、今の所はS2000。MANABOON S2000画像車高落としてリアのブレーキパッドを変えたらたぶんMR2が一番でしょう。楽しさでは、加速はMR2が断トツ!!コーナリングはS2000かなぁ〜。セッティングが取れたらMR2もかなり楽しそう!ジムカーナ仕様のMR2画像エンジンの回り方や操っている感はEK9が一番でした。個人的にはEK9がレーシングカーみたいでかなり楽しかったです♪♪お遊び耐久用EK9画像それぞれ一長一短ですが、どれも走らせて楽しい車というのは間違い無いですね。MR2とEK9は販売もしているので、欲しい方はお問い合わせください♪♪2台ともきっちりとメンテナンスされていますよ!!エンジンも元気なことは今回の走行で証明済みです。

走行の様子

スポーツカー在庫一覧

中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

LINE査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※MANABOONのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

MANABOON店舗情報

スポーツカー専門店 MANABOON
042-767-3331 / 042-767-3332
contact@manaboon.co.jp

〒252-0325
神奈川県相模原市南区新磯野2186-2

PAGE TOP