【S2000×奥多摩】ドライブにピッタリ!!無料で走れる奥多摩周遊道路

奥多摩周遊道路 S2000画像

S2000ドライブにピッタリな低中速コーナーが多い奥多摩周遊道路

HMR_HONDA sportsのイシケンです。先日、S2000で奥多摩周遊道路をドライブしてきました。奥多摩はイシケンの自宅から1時間半ほどで到着することができることもあり、もう10年以上も暇さえあればドライブしているコースです。都心からも渋滞がなければ2時間から3時間ほどで到着します。そんな奥多摩周遊道路ですが、1973年4月に奥多摩有料道路として誕生。奥多摩町と檜原村間の全長19.7kmの道路です。1990年4月1日から無料化されて、週末には2輪から4輪までツーリング&ドライブを楽しむ方で賑わっています。今回のドライブは、奥多摩町側から入り、11.1km地点にある駐車場「月見第2駐車場」標高1,089mまでドライブしました。

都内からは、青梅街道(国道411号線)を山梨方面に走り、深山橋を左折して約500mほど走り左折。三頭橋を渡ると奥多摩町側の入り口である川野ゲートに到着します。その川野ゲート前で撮影したのがこちらの写真になります。通行できる時間帯は季節によって変わり、夏期(4月1日~9月30日)午前8時 – 午後7時冬期(10月1日~3月31日) 午前9時 – 午後6時となっています。
川野ゲート前でとまって、深山橋をバックに撮影してみました。いい景色ですね。

奥多摩深山橋画像

橋だけだとこんな感じ。夕暮れ時だったのですが、湖にキレイに橋が映り込みました。

奥多摩 深山橋画像

川野ゲートから山のふるさと村まで

川野ゲートから入ってすぐ左手に最初の休憩所、「川野駐車場」があります。ここは標高544m。トイレもあり、休憩なしでずっと登ってきた方はここで一息入れるのがおススメです。トイレは途中の山のふるさと村にありますが、奥まで入っていかないといけなようなところのため、ここで済ませておくのがおススメです。なお、川野駐車場には、東屋のほか奥多摩湖ロープウェーの遺構を見ることができます。
奥多摩周遊道路 川野駐車場画像

奥多摩周遊道路 川野駐車場画像川野駐車場は昔、走り屋のピット&パドックのようになっていました。週末になるとどこからともなく2輪4輪の走り屋が集まり、荷物や工具をおろして走りにいくという姿が普通でした。車高を調整する方もいて、セッティングを取る風景はまさにサーキットのピットやパドックのようでした。今ではそんな姿も見なくなり、イシケンが行った週末の夕方に車は1台も止まっていませんでした。

さて、川野駐車場からスタートする奥多摩周遊道路ですが、3.5km地点にある交差点からつながる都の施設、「山のふるさと村」までの間を走るコースが走り屋には一般的でした。比較的低速コーナーが続く区間になり、ヘアピンもありトラクションがとても重要なコーナーだらけという感じです。山のふるさと村への入り口は、周遊道路唯一の交差点があり、その交差点でUターンして川野駐車場へ戻ってくるような感じで走っている方が多かったです。

参照元:http://urayama.seesaa.net/upload/detail/image/yamafuru-thumbnail2.JPG.html(山のふるさと村交差点画像)

山のふるさと村から月見第1駐車場

周遊道路の第2区間とも言えるのが、山のふるさと村交差点から月見第1駐車場です。ここからは低速と中速コーナーが組み合わさった区間になります。スピードをついつい出してしまいそうな道路が多くありますが、きちんとセーブして走りましょう。ガードレールを超えたらそこは奥多摩湖へダイブです。ちなみに、「けがをしますと病院に収容されるまで約2時間かかります」という看板があります。事故には気を付けましょう。冬季はこの区間から凍結の可能性が高いです。路面は常にハーフウェット状態になっていて、気温によって突然凍結しています。冬はこの区間を走らない方がいいですね。

そんな区間を登ること9.3km地点。周遊道路最初の休憩ポイントでもある月見第1駐車場に到着します。標高は933mです。奥多摩湖を一望でき、奥多摩の山々も一望できる絶景が眺望できるポイントでもあります。紅葉シーズンは大変混雑することでも有名で、出店まででるくらい人気のスポットです。

奥多摩周遊道路 月見第1駐車場画像

月見第1駐車場でのS2000カット

月見第1駐車場から月見第2駐車場

周遊道路第3区間となる、月見第1駐車場から月見第2駐車場のコース。この区間を往復する走りをするグループも昔はいました。この区間は高低差が激しく、コーナーは低速コーナーがメインになりますが、勾配が激しいためとてもテクニカルな区間でもあります。月見第2駐車場は、川野ゲートから11.1km地点にある駐車場となり、標高は1,089mです。月見第1駐車場から2kmほどで100m以上登っていることが分かるかと思います。下りはGT-Rなどの車重の重いスポーツカーは苦しいですね。S2000をはじめとするホンダスポーツカーは、登りも下りも楽しめるかと思います。

月見第2駐車場でのS2000カット

終わりに

今回は周遊道路の中でも川野ゲートから月見第2駐車場までをご紹介しました。今度は桧原村側から入るコースもご紹介できたらと思います。なお、奥多摩周遊道路の法定速度は30km~40kmです。スピードがでてしまうところもありますが、安全第一でドライブを楽しみましょう。昔は死亡事故も多かったため、週末にはネズミ捕りを行っていることもあります。スピードの出しすぎには注意しましょうね。

HONDAスポーツカー在庫














スポーツカー在庫一覧

ホンダ中古車一覧画像

S2000の買取査定の相場を知りたい方はこちら

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA店舗画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
042-520-7577 / 042-520-7578
contact@hm-r.co.jp

〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビックタイプR(EK9)HMRデモカー画像
  2. HMR S2000画像
PAGE TOP